スポンサーリンク

妊娠28週目 胸焼けに気をつけよう!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



こんにちは、セルです。

今週から妊娠28週目に突入です。今回は妊婦の身体の変化について調べてみました。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ 

 

 

 

 

スポンサーリンク

胸焼け

子宮が大きくなり、胃を圧迫し、胃酸が逆流することで、胸焼けが起こります。

胸焼けの他に、吐き気や胃痛やげっぷの症状が出るのも、胃が圧迫されるために起こるみたいですね。

うちの妻はげっぷが多いくらいで、その他症状は出ていません。

 

胸焼けを抑えるには

食事を1回にせず、少量ずつ何回かに分けて取ったり、

油ものなどの消化に良くないものや、胃を刺激する食べ物は避けたり、

食後すぐに横になったりせず、少なくとも30分くらい間をあけるのが良いみたいです。

 

妊娠35週を過ぎると赤ちゃんが下がってくるので、徐々に解消されますが、それまでは、上記のことを気をつけながら、バランスの良い食事をとるのが良いみたいです。

 

 

むくみ

妊娠後期となると血液を増やすために、水分量が増えるようで、血液から水分が染み出しやすくなるため、むくみやすくなるみたいです。

うちの妻は今のところこの症状は出ていません。

 

むくみを抑えるには、

足の下にクッションを置いて、足の位置を高くした状態で寝たり、

大静脈の圧迫を防ぐために、左側を下にして体を休めるのが良いみたいです。

 

 

腰痛

お腹が張ってくると、それを支えるために背中が反って肩が、後ろに出るような姿勢となるようです。腹筋が弱い方が、この姿勢になりがちで、腰に負担が大きくかかります。そのために疲れが貯まったり、腰痛になったりしてしまうようです。

うちの妻はもともと腰痛持ちですが、今のところはこの症状に苦しめられたりはしていないようです。

 

腰痛をおさえるには

背中をそらさないようにするのがポイントのようです。

腹筋が弱い人は、きついかもしれませんが、休めながら正しい姿勢を保つのが良いみたいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す