スポンサーリンク

手足口病について調べてみました

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



こんにちは、セルです。

病院に行っていないので、確定では無いですが、息子が先週手足口病にかかっていたかもしれません。

気になったので、今回は手足口病について調べてみました。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

 

スポンサーリンク







 

 

手足口病とは

手足口病とは、手や足、口の中に水疱性の発疹が出るウイルス感染症です。4歳くらいまでの子供がかかりやすい病気で、感染の約9割が5歳以下の乳幼児です。

特に保育園や幼稚園で流行することが多く、主に夏から秋にかけて感染が拡がります。手足口病の原因となるウイルスとしてはコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)が挙げられます。

このように手足口病は様々なウイルスによって引き起こされるため、一度かかったことがあっても、再びかかることがあります。

こそだてハック様

息子の場合は、口の中は確認できませんでしたが、手と足に水疱性の発疹ができました。

感染の約9割が5歳以下の乳幼児ということで、2歳の息子にもしっかりと当てはまっています。

幼稚園も何人かかかっている子がいたらしいので、移ってしまったのかもしれないですね。

一度かかっても、再びかかることがあるみたいなので、注意が必要ですね。

 

手足口病の症状

手足口病に感染すると2~5日間の潜伏期間を経て、口の中、手の平、足の裏などに、水疱を伴った赤い発疹ができます。発疹の大きさは米粒ほどで、それほど大きくありません。

口の中にできた発疹は、破れると強い痛みを伴う潰瘍(かいよう)になることがあります。つばを飲み込む際に痛みを感じるようになり、赤ちゃんの食欲が下がったり、機嫌が悪くなったり、大量のよだれが出たりします。

手足口病の多くは、熱が出ても38度以下で、2~3日で熱が下がります。基本的に手足口病は、1週間ほどすれば自然に治まっていきます。

こそだてハック

口の中にできるとかなり辛そうですが、息子はそんなそぶりは見せていなかったので、できていなかったと思います。

熱が出ても38度以下となっていますが、息子は最初40度を超える高熱が出ました。そこはちょっと症状が違いました。

 

手足口病の治療法・対策

手足口病は軽い症状で治まることが多い病気ですが、原因を確認するという意味でも、また、重症ではないことを確認するためにも、一度小児科を受診することをおすすめします。

手足口病の診断は、ほとんどの場合、発疹の範囲と特徴を見る視診によって行われます。

手足口病に特効薬はないため、自然に治まるのを待つのが一般的です。しかし、子供が発熱で辛そうにしているときは、解熱剤が処方されることがあります。

また、皮膚の痒みが強いときや、口の中に潰瘍ができて、痛みがひどい場合には、外用薬が処方されることがあります。

なお、手足口病は、まれに髄膜炎を併発することがあるので、高熱が出る、頭を痛がる、ひきつけが起きる、嘔吐するといった症状が見られたら、すぐに病院を受診しましょう

手足口病に有効なワクチンはないので、予防接種をすることはできません。しかし、日常生活のちょっとした心がけで、ある程度予防をすることはできます。

まずは、接触感染を防ぐため、手洗いをしっかり行いましょう。手足口病は治った後もしばらくは便の中にウイルスがいるため、手洗いを徹底させることは効果的な予防法です。感染しても発病せず、気づかないうちに便の中にウイルスがいることもあります。

また、タオルの共用をすると感染しやすいので、個別にタオルを用意し、こまめに洗濯をすることも大切です。特に手足口病が流行っている期間は、保育園や幼稚園に通っている子供には、必ず自前のタオルで拭くように教えてあげましょう。

こそだてハック

手足口病には特効薬がないのが、つらいですね。

予防接種も無いみたいなので、手洗いなどで予防するしかないみたいですね。

ただ少しでも感染を防ぐために、手洗いはしっかりするように教えたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す