スポンサーリンク

1才から1才半までの遊び・・・2

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



こんにちは、セルです。

今回も1才くらいの子供の遊びについて調べてみました。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

 

スポンサーリンク







 

 

 

 体を使って運動機能を育てる遊び

1.ゴロゴロいもむし

布団やマットの上で、いもむしのようにゴロゴロと転がります。

最初はコツがわからないので、手伝いをしてあげますが、そのうちひとりでゴロゴロと遊ぶようになります。

この「ゴロゴロいもむし」は、手や足をバランスよく動かす全身運動。

かなりの運動量になりますので、雨で外遊びができず、ちょっぴり運動不足のときのストレス解消にももってこい。

「いもむしゴ~ロゴロ~」などと声をかけながら、親子でスキンシップを楽しみましょう。

2.つま先ぴょんぴょん

つま先を刺激する遊びです。

赤ちゃんにバンザイをさせて両手を持ち、つま先で立たせるようにします。

「ぴょんぴょんできるかな?」と話しかけながら、つま先で床を蹴ってぴょんぴょん。

このように跳ぶことで、つま先が鍛えられると同時に、脳を刺激して発達を促進します。また、足腰の筋肉強化にも効果的です。

ぴょんぴょんするときのポイントは素足。

つま先の感覚が鋭くなるので、冬でも靴下ははかせずに、やってみましょう。お風呂上がりなど室内だけでなく、砂場や芝生の上といった室外でも遊ぶことができます。

知育大辞典様

ゴロゴロ芋虫は、今日さっそくやらせてみました。

最初は手伝ってゴロゴロ回してあげましたが、何回かやると自分で回り始めました。でも同じ方向のみで反対に回ることができなかったので、もう少し練習したいと思います。

つま先ぴょんぴょんはやってもらおうと思いましたが、すぐにしゃがみ込んでしまったので、できなかったです。こちらも練習が必要のようです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す