スポンサーリンク

1歳の赤ちゃんの言葉

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



こんにちは、セルです。

今回は1才の赤ちゃんの言葉について調べてみました。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

 

スポンサーリンク




 

言葉の意味を理解して喋り始める

1歳頃になると自分の意思を伝えたいという気持ちが育ち、知っているものを見ると「アッ」と指さしをするようになります。

言葉の理解が進んでいくと、赤ちゃんは大人の言っていることを真似したがるようになります。

発声するには唇を上下に開け閉めしたり、舌を前後に動かしたりという複雑な動作が必要で、離乳食を通して口唇の機能を発達させていきます。

「ママ」「パパ」「ブーブ」「ワンワン」など意味のある一語文をいくつか話せるようになるので、パパママが積極的に返事や会話をして赤ちゃんの言葉の発達を助けてあげましょう。

赤ちゃんの成長ペースは様々なので、言葉を無理に詰め込もうとするのではなく、日々の生活や遊びの中でコミュニケーションしながら育んでいけるといいですね。

こそだてハック様

 

指を指したりするのは最近多くなってきました。

特にご飯を食べてる時に、「あー、あー」と指さして、じぶんが食べたいものをアピールしてきます。

現時点では色々と声を発してはいますが、話せてはいないですね。パパやママみたいなことはいっていますが、僕らを呼ぶときに使ったりはまだできません。

これからも少しずつ言葉を教えて、コミュニケーションをとっていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す