スポンサーリンク

100日を迎え お食い初めに挑戦

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



無題11

こんにちは、セルです。

今日は、昨日の夜に行ったお食い初めについて書こうと思います。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

 

スポンサーリンク

 

お食い初めとは・・・

赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。

生後百日または百二十日にするのが一般的ですが百十日にするところもあります。
京都では、生後百二十日よりも少々遅らせて行います。
儀式をのばせば『食いのばし』といって、赤ちゃんが長生きできる、と伝えられているからです。

使用するお膳はお嫁さんの実家から贈るしきたりとなっています。
最近は特にこだわらず嫁ぎ先や、ご本人がご用意されているようです。

一般に赤飯、焼き物、汁物など一汁三菜です。また、リーダー(頭)になれるようにと、金頭(ホウボウ)という魚を添えることもあります。かつて京都では、魚屋さんで金頭を借りて、手をつけづに終わったら返すということがあったそうです。

一般的には「養い親」と呼ばれる、祖父母や親戚の中の最年長の人が、長寿にあやかるという意味で
おこないます。 男の子なら男性に女の子なら女性に頼みます。
養い親が膝の上に赤ちゃんをのせその年の恵方に向かって食べさせるまねをします。

うつわ日和より

これは終わった後に調べたことなので、僕らがやったこととは少し違いますね。甥っ子の時の両親が経験済みだったので、全て任せていました。

生後百日や百二十日にするのが一般的なようですが、うちは集まれるのが百四日目しかなかったので、中途半端な日になってしまいました。

使用するお膳は実家で用意してくれました。

一汁三菜が基本のようですが、うちは鯛と他に6皿用意されていました。

僕の父が食べさせる真似をしましたが、特に膝の上に乗せて恵方に向かって食べさせたりはしなかったです。

 

実際にお食い初めをやってみました

まず出てきた料理はこんな感じでした。

無題26

鯛の煮物と赤飯、黒豆、昆布巻き、フルーツなどです。

本当は鯛を焼きたかったそうですが、グリルには入りそうになかったので、煮物にしました。

無題27

そして僕の父が食べさせる真似をしました。全部は大変そうだったので、4つほどやって写真に収めました。

あとから調べたところ本来は「ご飯、汁、ご飯、魚、ご飯、汁」という順番でやるみたいですね。知らなかったというのもありますが、そこまでしきたりに従う必要もないと思うので、別に気にしていません。

最後に僕がフルーツ以外頂いて、お食い初めは終了しました。

 

それから僕の実家でも100日祝いのケーキを用意してくれて、みんなでお祝いしました。

無題28

昨日は、記念写真、お宮参り、そしてお食い初めと息子にとって忙しい一日となったので、お食い初めのあたりはすごい眠そうでした。

そのおかげで家に帰ってからは、9時半から朝の4時くらいまで爆睡していました。疲れたと思うけど、小さい体で頑張ってくれた息子を褒めてあげたいと思います(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

コメントを残す