スポンサーリンク

小児用肺炎球菌ワクチン

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

Pocket



無題7

こんにちは、セルです。

今日は予防接種第2弾「小児用肺炎球菌ワクチン」について調べてみました。

ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

 

スポンサーリンク

 

小児用肺炎球菌ワクチンとは?

小児の細菌性髄膜炎や肺炎などを予防します。

生後2ヵ月から接種できます。2ヵ月から接種した場合、1回目から4週間以上で2回目、2回目から4週間以上で3回目、3回目から60日以上の間隔をあけて生後12か月から15ヵ月で4回目を受けます。

細菌性髄膜炎にかかった子供の50%以上は0歳時の赤ちゃんとなっています。生後2か月となったらすぐに受けるようにしましょう。

無題7

 

小児用肺炎球菌ワクチンの安全性

小児用肺炎球菌ワクチンは100ヵ国以上で承認されて、50ヵ国で定期接種に導入されています。

ヒブワクチンと同時接種することで、細菌性髄膜炎の予防に効果があるようです。接種後には約10%の子供に38℃以上の熱が出るみたいですが、何もしないで1日で治る子が多いみたいです。

 

無題8

 

スポンサーリンク

コメントを残す